一人暮らしの引越しをハイエースでやってみた|積み込んだ荷物量も紹介!

成増での一人暮らし生活を終え、横浜に引越しをすることになりました。

最初は引越し業者に頼もうと思っていたので、引越し侍でオンライン見積り。最安値32,400円(税込)だったLIVE引越しサービスという中小引越し業者に依頼していました。

が、仕事でハイエースを使っている僕の親友が引越しを手伝ってくれるとのことで、厚かましくもハイエースの出動要請をすることにしました^^

結論から言うと、ギリギリ全ての荷物をハイエースに詰め込むことができました!

でも、一人暮らしとはいえハイエースでの引越しは結構厳しいかも?

ハイエースに積んだ荷物量はこんな感じ

多分これを読んでいるあなたはハイエースをレンタカーで借りて、安く引越しできないか検討していると思います。

なのでまずは僕が実際に積み込んだ荷物を記載しておきますので、参考にしてみてください^^

<かさばる荷物>

  • セミダブルベッドフレーム:縦119 × 横194 × 高さ40cm
  • セミダブル用マットレス(厚さ30cm)
  • 作業用の椅子
  • 自転車
  • 食器棚
  • 羽毛布団とマットレスセット(来客用)
  • ダンボール(M50×1、S30×6)
  • 衣類

※ダンボールサイズ
・M50(宅配サイズ160):長さ545 × 幅390 × 高さ517mm
・S30(宅配サイズ100):長さ370 × 幅254 × 高さ293mm

※家電はほとんど処分していたので積んでいません

セミダブルのベッドフレームは解体してバラして詰みました。フレームの引き出しもバラしつつ、引き出しの中にも荷物を詰め詰め( ̄ー ̄)笑

地味にかさばったのは厚さ30cmのセミダブルマットレス。こちらは立ててハイエースに詰め込みました。

そして自転車!

自転車は郵送料金が非常に高いので極力詰め込みたかったのですが、ハイエースにギリギリ積み込むことができました<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ…

結論:ハイエースは一人暮らしでもかなり際どい!

今回はハイエースに全ての荷物が詰めたので1往復で済ませることができました。

ただ、これに家電があったら確実に積みきらなかったですね^^;

※引越し前に家電製品(冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ)は処分していました

なので、ハイエースをレンタルして単身引越しをする場合、最悪2往復も覚悟しておくと良いかもしれません(笑)

まあ僕は1DKに住んでいたし、もしかしたら家電を処分しても1Kの人より荷物が多かった可能性もあるので、あとはあなたの荷物量と相談してみてください♪

単純に引越し費用を節約したいだけなら微妙?

ハイエースで単身引越しするメリットは引越し料金の節約ですよね。

レンタル会社によっては1日6,800円で借りられるし、多くても1万円程度でハイエースを借りて引越しすることができます。

「一人暮らしで荷物も少ないし、引越し業者やトラックのレンタルがもったいない!」

という場合はハイエースでも十分だと思います。

ただ、今回の僕のようにそれなりに荷物が多い場合、引越し業者に依頼するのと大して変わらない気がします^^;

例えばハイエースがレンタル代・保険・ガソリン代や高速道路代を合わせて1万円だったとします。(同県内、100km圏内の場合)

次に、引越し業者に依頼する場合、最安値で32,400円かかります。(※引越し侍のオンライン相場で調べた)

これだけ見るとハイエースの方が22,400円安いので、かなり節約できている気がします。

でもハイエースの場合、これに”自分が荷物を運ぶ”という労働時間、ハイエースをレンタル会社に戻す手間、友達に引越しを手伝ってもらったらご飯を奢ったりお礼(相場は5,000円)を渡す必要がありますよね。

とりあえずご飯とお礼を引くと、残りは大体15,000円くらいですかね。

あとは自分の労働・ハイエースを戻す手間と15,000円を天秤にかけてどうか?という判断になります。

ちなみに僕は今回自分で荷物運びをしてめちゃくちゃ大変だったので、引越し業者に頼むのも悪くないな、と思いました。

まあ、友達とワイワイ楽しく引越しができて良い思い出になったのはプライスレスでしたけどね(* ̄∇ ̄*)笑

3〜5万円以上節約できるならハイエースのレンタルでも良いですが、頑張って1万円くらいならいっそ業者さんに依頼した方が楽ですよ♪

⇒ネットで無料で引越し相場を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です