小田急特急えのしまで藤沢まで行ってきた|車内の混雑状況にビビる

小田急 特急 えのしま

 

最近仕事の関係で藤沢に行くことが増えてきたのですが、なんとリッチに『小田急特急えのしま号』に乗車してしまいました( ̄∀ ̄)v

そこで今回は、小田急特急えのしま号を利用した感想をレポしたいと思います♩

果たして混雑しているのか!?それとも快適だったのか!?

小田急特急えのしま号で新百合ケ丘⇒藤沢へGo!

先にお伝えしておきますが、別にいつもバブリーな金遣いをしているわけではありません^^;

今回特急を使った経緯は『ホームが混んでた&電車の遅延で待ち合わせ時間ギリギリになるかも?』という背景がありました。

 

僕の地元は調布なので、まずは京王永山駅で小田急線に乗り替え、新百合ケ丘まで向かいます。そして新百合ケ丘で藤沢・片瀬江ノ島方面の電車に乗り換えるわけですが、、

 

なんかホームめっちゃ混んでるぅぅ〜〜( ̄□ ̄;)ギョッ

 

平日の日中だったにも関わらず、ホームには人が溢れてました。日中は平和な京王線ユーザーからしたらびっくりです。

そして、電車もちょっと遅れていたようで、待ち合わせ時間よりも早めに到着する様にした割にギリギリに着きそうな感じでした。。

 

えーい、もう乗っちゃえ!!

 

特急がホームに到着するというアナウンスを聞いて、思い切って特急券を購入したくろべーだったのでした( ̄∀ ̄)v笑

※新百合ケ丘から藤沢までの特急券は410円でした!

結構混んでるのかな〜と思っていたら・・

初めての小田急特急ロマンスカー。
何気にちょっとワクワクしていたくろべーですが、電車の中に入ってみてびっくり!

 

ぜーんぜんお客さんいねーーぞ!?∑( ̄ロ ̄|||)なんと

 

小田急 特急 えのしま

 

サラリーマンとか旅行客とか、もう少しいるだろうと思っていたのですが、1車両にまさかの僕含めて数人・・。いくら平日でもこんなに空いてるとは思いませんでしたが、その分ゆったり快適に過ごせました^^

悠々と読書なんかしちゃったりして、仕事がデキるビジネスマンみたいなイメージを醸し出そうと頑張りました(* ̄ー ̄)ニヤリ(謎)

 

小田急 特急 えのしま

 

ちなみに、僕が乗った時は『小田急特急小田原行き』となっていて内心かなりビビっていたのですが、相模大野で前後車両が切り離され、特に席の移動をせずに藤沢に辿り着くことができました^^

いや〜小心者なのがバレバレですね(笑)

車内には自販機とカウンター?が内設

ガラガラで荷物をパクられる心配もなかったので、少し車内をうろうろしてみました。
設備としては、出入り口付近にトイレと自販機、そしてバーカウンターのようなものが内設されていました。

 

小田急 特急 えのしま

 

これは夜になったらアルコール類が飲める様になるのでしょうか??

 

ただ、新百合ケ丘から藤沢まで特急ロマンスカーで約40分くらい、普通に快速とか乗り継いで行っても50分くらいでいけるのでアルコール類を飲む時間はないですね^^;

新宿から藤沢までいけば、、、
う〜ん、まあ僕は飲まないだろうな〜(笑)

小田急特急えのしまを使ってみた感想

今回小田急特急えのしま号に乗車してみた感想としては、

 

非常にリラックスした時間を過ごせて良いね(・∀・)b

 

こんな感じでした^^

 

同じ車内の40〜50分でも、混雑した電車内で過ごすのと静かでゆったりした空間で過ごすのでは価値が全く違ってくると思いました。

たった410円でちょっとした上質空間が味わえたし、静かに集中して読書をしたり、これからのことに思いを馳せたりすることができました。これはある意味では自己投資といえますね♩

 

とは言え、ぶっちゃけ新百合ケ丘から藤沢までって50分くらいで行ける距離なので、あえて新百合ケ丘から乗るメリットがあるかと言われたらどうだろう・・。

新宿から乗ったり、たま〜にご褒美として乗るくらいなら良いと思います。ただ、毎回乗る必要があるかと言われたら僕の現状全く必要ないので、悠々自適な生活はもっと先でもいいのかな、と感じました^^;

 

これで到着時間が30分とか違ってきたら前向きに検討しますが、10分くらいしか変わらないですからね〜。これは貧乏性なのでしょうか?笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です