サバゲーデビュー戦の感想!本当に楽しいのか不安な方へシェアします

ワタクシくろべー、サバゲーに初挑戦してきました〜(* ̄ー ̄)v

知り合いの方に2日前とかに誘ってもらい、「せっかくだしな」と急遽サバイバルゲームのデビューを果たしました。そこで今回は、僕の「サバゲーデビュー戦」をシェアしていきたいと思います。

サバイバルゲームに興味があってトライしてみたいとは思っていても、初心者がいきなり参加するのはなかなか敷居が高いのも事実。そんな時こそ、あなたと同じ初心者の僕の体験談がお役に立つはずっ!

本当に楽しいのかどうか、少しでも雰囲気等を味わっていただけたら幸いです^^

⇒当日の流れも参考にどうぞ♩

いよいよ始まったサバゲー初陣はまさかの・・

僕のデビュー戦は千葉にある”NO9(ナンバーナイン)”というフィールドだったのですが、ここは森林・山岳型と呼ばれる通り、以下の画像のような感じの風景でした。

 

サバゲー デビュー戦

 

僕が最初にやったのは『フラッグ戦』というルールのゲームでした。
チーム対抗戦で、BB弾が1発でも当たったら(ヒット)退場しないといけないルールでした。

リーダーが「スタート!」という合図でゲームが開始。チキンな僕は最初のゲームは攻めずに後ろから様子見をしました。でも、少ししてから「攻めたい!!」と思い直し、裏ルートからザクザクと茂みをかき分けて前進していきました。

 

くろべー、意外と攻めたい性分なんですよね( ̄ー+ ̄) フフフ

 

でも、周りを見渡しても敵が全然見つかりません!
中腰になってじ〜〜〜っと遠くを見ていると、突然「ヒョコッ」と敵が現れました。おそらく30〜40メートルは離れていたと思います。

 

これはチャ〜〜〜ンス!!(* ̄ー ̄)ニヤリ

 

と、すぐに銃を敵に向けて、狙いを定めて発砲!!
1回戦目はセミオートのみ(1発ずつ撃つ)だったので、これでもかって位連射しました(笑)

 

すると程なく、相手から「ヒットー!」と命中した合図があり、内心でガッツボーズ♩続いて少し前進したところ、またしても敵(今度は女性)を発見しました。

さっきのヒットで完全にサバゲーにハマったくろべー、女性プレイヤーだろうが容赦なく銃口を向け・・・。

 

射つべし射つべし射つべし射つべし〜〜〜!!!

 

今度も見事に命中(しかも顔!すいません^^;汗)し、デビュー戦にして早くも2人を撃破したのでした(* ̄ー ̄)v

結局その後は僕もBB弾を当てられ、「ヒット〜〜!ヒットヒッ〜ト〜!」と銃を上に上げながら退場したのですが、2人も倒せたので大満足でした。もう帰っても良かったくらいの満足度です♩笑

くろべー、調子に乗って自分が天才だと勘違いする

ドキドキのサバゲー1回戦は幸先が良かったのですっかり舞い上がってしまった僕は、口には出しませんでしたが「なんだよサバゲーって余裕じゃん」なんて調子に乗っていました。「俺射撃のセンスあるかもな〜ハハハ」なんて内心では驕り高ぶっていたのですが、すぐにそれが勘違いだったことに気づきます。

 

続く2回戦、まさかの開始10秒程度で退場!(# ゚Д゚)

 

こちらは全く敵が見えていなかったのに、パツパツ装備に弾を命中されてしまいました。撃ち合いになってやられる分にはまだしも、自分が全然気づかないうちにやられるのってかなり虚しかったです(苦笑)

更に3回戦、今度は「とりあえず最後まで生存しよう」と決めて、じりじりと隠れながら前進していたにも関わらず、誰かにヒットされまたしても「ヒット〜」と叫びながら退場・・。

 

くそー!今回俺まだ一発も打ってねーし( ̄皿 ̄;;

 

そんな感じで、サバゲーをやればやるほど、1回戦が完全にビギナーズラックだった事を痛感したくろべーだったのでした。完

コツを掴んでくるとスリルが増し始める!

さすがに1発も射てずに退場ばっかりしているとフラストレーションがたまってくるので、ゲームが終わった後の休憩中に経験者の方々に色々と質問をぶつけ、改善策とか動き方を教えてもらって後はトライアル&エラーです。もはや遊びじゃなくてスポーツ感覚、完全にガチです(笑)

隠れる時はしっかりと障害物に隠れたり、移動する時も低姿勢で地を這う様に移動したりと試行錯誤していくうちに、段々とコツも掴めてきました。もちろんベテランさん達には到底勝てませんが、それでも射てる回数も増えてきたし、ちょこちょこ敵を倒せるようにもなってきました(* ̄ー ̄)v

 

でも、攻める分は射たれる事も増えていきます。そしてサバゲーって負ける(射たれる)と結構ストレスが溜まっていきます。なぜなら・・

 

痛えよっ!!!!( ̄皿 ̄;;イラッ

 

そうなんです!サバゲーってBB弾が当たると結構痛いんです^^;
長距離とかだと全然痛くないし、当たる場所にもよるんですけど、後半は攻めていたので敵との距離も近くなっていたので、命中されると「イテッ!」となる事が多かったです。

しかもこちらが「ヒット」とコールするタイミングが遅れると、相手は命中していないかと思ってどんどん射ってくるので「イテッイテテッ、ヒ、ヒットヒット!」と蜂の巣にされて余計に痛い思いをします・・。

 

また、僕は今回、顔全体を覆えなかったので耳が露出している状態だったのですが、近い距離でちょうど耳に当たってすっごい痛かったんですよね。そして正直めちゃくちゃイラッとしました!

こういう肉体的な痛みって久しぶりだったので、普段全然怒ったりイラッとしない僕も珍しく切れそうになりました(笑)

サバゲーって痛いの?至近距離でBB弾当てられた感想を教えます

2015.02.05

サバゲーってすごく自分のメンタルが出るというか、攻めまくったり攻めるのを躊躇して守りに徹したり、射たれて戦意喪失したり、何が何でも勝つぞ、みたいなテンションになったりと、本当に人それぞれ行動が変わってきます。

僕もサバゲーを通じて「突っ込んだら敵にやられて痛い思いをするかもしれない・・」という状況でなかなか一歩前に踏み出せない自分を発見しました。未知なる世界に勇気を出して一歩踏み出す度胸を身につけたいな〜なんて思ったり(謎)

 

段々と脈絡のない感想になってしまいましたが、サバゲーデビュー戦はすごく楽しかったし、普段味わえないようなスリルも経験する事ができました。当たると痛いですが、ベテランの人達は「負けた時は痛いけどそれが良い!」なんていう人もいて、確かにそういった要素もスパイスになるのは理解できました。

まあ僕は痛いの嫌ですけど(笑)

 

これからサバゲーのデビュー戦を控えている方は当日を楽しみにしていてください♩

また、これからデビューしたいと考えている方は、是非一歩踏み出して参加してみて下さい。結果的に合わなかったとしても、1回参加してみるだけでも良い人生経験になるのは間違いありません^^

デビュー戦を楽しめることを心より願ってます!

 

僕も毎月とかは厳しいですが、また機会があれば参加してみたいと思っています。次は市街地を経験してみたいなぁ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です