サバゲー復活戦&カウンター戦の基本ルール|初心者でも楽しめる理由

サバゲー初心者の為に基本ルールの紹介とプレイした感想を書きなぐるシリーズ。今回は『復活戦(カウンター戦)』に関して紹介していきたいと思います( ̄∀ ̄)v

僕がサバゲーのデビュー日にプレイできたのは復活戦の他に『フラッグ戦』『耐久戦』『狐狩り』『攻防戦』がありますが、それぞれリンク先にて基本ルールや体験談をシェアしているので、良ければそちらもご覧下さい^^

サバゲー復活戦の基本ルール

復活戦とは文字通り、ヒットされても復活できるルールです。

僕が最初に行った『フラッグ戦』は一度ヒットされたら退場しないといけませんでしたが、復活戦は何度でも生き返れるので初心者としては嬉しいところです^^

特に初心者は最初はやられやすいと思いますが、瞬殺されると超つまらないですからね!((( ̄へ ̄井) フンッ←自業自得なのに八つ当たりする奴

 

ただ、復活できると言っても「だったら隠れてジリジリ攻める必要ないじゃん!」と思う方もいるかもしれませんが、一概にそう言うわけでもありません^^;

 

復活戦では復活枠(復活できる回数)が予め設定される事が多く、一般的なルールでは決めた回数を越えてヒットされた場合は復活できずに戦線離脱するようです。

復活する為には一度自軍に戻り、復活する時に計測器(カチカチするやつ)のカウントを1つ増やします。

 

ちなみに僕が行った復活戦は復活枠が30で、加えて時間制限も設けていました。つまり、「①先に30人分倒す」か「②タイムアップ時にどちらが多く倒したか」で勝敗が決まるルールになっていました◎

似たルールにカウンター戦というのもある

また、復活戦と似たようなルールで”カウンター戦”というのもあります。

こちらは復活枠は設けず、制限時間内にどれだけ敵を倒したかを競うゲームでした。タイムアップ後に両チームの復活数が多い方が負けとなります。

ヒットされたら自軍に戻り、計測器でカウントを増やすのは同じですが、カウンター戦はいくらでも復活できるのでかなり大胆に行動できます( ̄∀ ̄)v

 

以上が復活戦の基本ルールとなりますが、ぶっちゃけそこまで難しくはなかったと思います◎

個人的には初心者はフラッグ戦よりもサバゲーを楽しめるルールですので、当日復活戦がプレイできる事になったら大胆に攻めてみて下さい♩

ただ、いくらでもやられて良いからって、気が緩んでしまうと僕の様に痛い目を見る可能性もあるので、そこは注意した方が良いかもしれません^^;

⇒復活戦&カウンター戦の体験談!女の子に蜂の巣に!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です