ベンジャミン・フランクリン13の徳目のアフィリエイトverを作成してみた

アチーブメントの能力開発セミナーで習った習慣形成の参考例に、ベンジャミン・フランクリンの13の徳目というものがあります。

ベンジャミン・フランクリンは自らの信念を13の徳目にまとめて、毎週1つの徳目をテーマに掲げて実践、習慣化させていったそうです。1週間1つで13徳目あるので1年間で4ローテする計算ですが、これを繰り返して習慣化していった結果、ベンジャミン・フランクリンは驚くべき成果を出すことができたそうです。

で、ベンジャミン・フランクリンの13の徳目を真似て、販売外交(セールス)で成功したのがフランク・ベドガー。そのフランク・ベドガーを真似てセールス成功の13の徳目を作って成功した青木社長。

じゃあ、俺も青木社長を真似て『アフィリエイト成功の13の徳目』を作ってみよう( ̄ー+ ̄) キラーン

というわけで、僕が個人的にアフィリエイトで成果を出す為に身に付けたい習慣とテーマを13個、ピックアップしてみました。これから1週間ずつトライしてみますが、せっかくなのでシェアしてみたいと思います♪

くろべー作『アフィリエイト 成功の13の徳目』

1.誠実:

報酬のためだけに紹介する案件を選ばない。お金に目がくらむことなく、読者様第一主義で徹底的に訪問者に役立つ情報を提供し、役立つ商品を提案すること。クソみたいなサイト・記事を量産せずFor youマインドを常に徹底すること。

2.即実行:

稼げない頭であれこれ悩まずにすぐに実行すること。やる気やモチベーションなど感情に流されず、早急にPCに向かって作業を始めること。また、メンターの教え通り素直に案件に取り掛かること。面倒臭いからと言って後回しにしない。

3.継続力:

たった数ヶ月で結果を求めず、投げ出さない。「年収1億は10年間待てる人」を思い出し、最低でも1年〜3年単位でサイトやブログをコツコツ育て続けること。目標を達成するまでやり続けること。

4.忍耐:

苦しい時でも耐え忍ぶこと。起業家に絶対に必要な人格トレーニングだと解釈し、言い訳せずに嫌なことにも立ち向かっていくこと。

5.自制(セルフコントロール):

自分がコントロールできるのは思考と行動のみと理解し、コントロールできないことに焦点を当てない。コントロール下にないアクセス数や報酬に一喜一憂することなく、今できることを全力で行うこと。

6.凡事徹底:

地味な作業の繰り返しが大きな成果を作ることを信じ、徹底的なリサーチ、記事作成を行っていくこと。ライバルが面倒臭いと思うことにも力を注ぎ、少しでも質とスピードを高める努力をすること。

7.感謝:

アフィリエイト、訪問者、作業ができる環境、教えてもらえる環境、日本に生まれたことなど、今のありとあらゆる状況が当たり前じゃないことを思い出し、感謝を磨いて情報発信をすること。感謝の波動をネット上に広げていくイメージで仕事をすること。

8.コミット:

アフィリエイトで稼ぐ目的を明確にし、目標を設定し、計画を立てたら、目標を達成するまで本気で努力し続けると強く決意すること。「絶対できる!」と言い聞かせ、毎日の目標を達成し、自分との約束を守り続けること。

9.遊び心(楽しむ姿勢・態度):

ジャンル選びやサイト構成、ターゲット決め、記事の流れなど、遊び心を持ってサイトを作成していくこと。自分が楽しむことが訪問者を楽しませることにも繋がると理解し、創意工夫して差別化すること。

10.改善:

サイトやブログ、記事を作りっぱなしで終わることなく、記事や画像のテコ入れをしたり、アクセス解析を使ってきちんと改善をして質を高める努力をすること。添削を依頼したら素直にすぐに改善すること。

11.優先順位:

パレートの法則に従って目的・目標に役立つ作業を優先して行うこと。アフィリエイトの最優先項目であるリサーチと記事の作成・投稿に集中し、優先順位の低い仕事・時給以下の仕事は自分がやらなくても良い仕組みを作ること。

12.原則中心:

世の中の原理原則を学び、原則中心に行動すること。特に「原因と結果の法則」、「タイミングの原則」、「遅れの法則」など、アフィリエイトで重要な原則を理解し、習慣化できるように常に意識して取り組むこと。

13.All-win:

訪問者にも広告主にもASPにも、外注さんやお世話になっているアフィリ塾にも、グーグルやヤフーにも、そして自分自身にもwinになるようなアフィリエイターになること。家族や友達にも見せられるようなサイト・ブログを作ること。

身についていないから徳目にする

青木社長も音声ファイルで話していましたが、ベンジャミン・フランクリンも最初から13の徳目が身についていたわけではなかったようです。確かに身についていたらこうやって毎週1つの徳目を意識して行動する必要はないですもんね。

大切なことは、こういった習慣は自分で身につけることができるということ。

フランクリンも青木社長も最初から優れた人物ではなかった。でも、努力してあそこまで上り詰めたということを知れると、僕もこれから頑張れば人格者になれると勇気をもらえます^^

まずは1週間に1徳目、最初はできないことも多いかもしれませんが、葛藤したりサボったりしながらも意識して続けてみたいと思います♪

3年後のくろべーに乞うご期待!?笑

2 件のコメント

  • こんにちは。
    どれもリアルビジネスと同じことが言えますよね。
    ネットだからという考え方ではなく、ビジネスの本質というものは変わらないなと思います。

    • マレクさん
      コメントありがとうございます^^

      おっしゃる通りだと思います。
      「ネットだから」みたいな考え方だとうまくいかないですよね^^;

      アフィリで成果を出している人たちはちゃんと
      ビジネスとしてやっている人が多いと感じています。

      真っ当にやるのが一番です♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です