アフィリエイトの作業が続かない原因|根性がないわけではない

アフィリエイト 続かない

 

アフィリエイトの作業が続かない事で悩んでいる方は多いと思います。

僕も今でこそある程度の報酬を継続して得ていますが、それこそ始めてから2年近くはアフィリエイトの作業が継続できずに月5万も越えられませんでした。わざわざ就職せずにフリーターしてまでアフィリエイトやってたのに、2年間も月10万越えられないってヤバいですよね(苦笑)

まあ当然です。やっていたことと言えば、作業が続かない自分を責めたり、本当に稼げるのか不安になって現実逃避しまくっていたんですから。アニメ観まくったりしてましたもん(笑)

 

そんなわけで、今回は当時の僕と同じような気持ちで葛藤している方の為に少しでお役に立ちたいと思い、僕なりに作業が続かない原因を振り返ってみました。

自分を責めるのはやめよう!根性の問題ではない

僕もサボりまくっていた当時は「自分は何て根性がないんだ」とか「本気度が足りないから行動できないんだよな、きっと・・」なんて思ってしまっていましたが、今は根性の問題ではなかったような気がしています。

 

一番しっくり来ている原因は『願望が明確になっていなかった』ということです。

 

僕が作業を継続する事ができず、全く稼げなかった頃はアフィリエイトに取り組む目的が全く明確になっていなかったです。そして、お金を稼ぎたいという想いは言いにしても、なぜお金を稼ぎたいのかまで明確になっていなかった。

ただ単に「収入を増やしたい」「結果出したら今の生活から抜け出せる」「成功したら倖せになれる(はず)」そんな感情ばかりが優先していましたね^^

結果的には僕もアフィリエイトに取り組む目的や、稼いだ後のライフスタイル等を考え始める中で徐々に行動に移り始めていきました。

最初は「毎日1記事を更新する」という低いレベルの決め毎でも良いので、ここからスタートして作業する習慣を作っていき、ちょっとでも作業したらとにかく自分を褒める!そして「もっとできそうだ」と思ったら少しずつ作業量を増やしていく、という流れです。

 

また、最近色んな学びを増やしていく中でわかったことは、「人は願望が明確になったら自発的に取り組む」ということです。”やらなきゃいけない”と思っている時点で、それはまだ願望に入っていない=作業が継続できない、ということだと思っています。

アフィリエイトは第二象限−目的や願望の力が必要

アフィリエイトの作業が続かない原因は『願望が明確になっていない』と言いましたが、その背景にはアフィリエイトの性質として”第二象限の仕事”という事が挙げられます。

第二象限というのは、緊急ではないけど重要な内容が当てはまるのですが、タイムマネジメントでは「成功者の習慣形成の領域」とも言われています。

 

※画像のちほどアップします

 

僕もまだまだ実践できていませんが、第二象限を後回しにしてしまう理由はすごくよくわかります。なぜなら、速効性がないからです^^;

ほとんどの方がアフィリエイトは副業だと思いますが、本業(仮に第一象限とします)さえやっていれば毎月の給料は貰えるので生活自体はできますよね。つまり、今のままでも生きていけるのでアフィリエイトに対しても緊急性を感じられないわけです。

だから疲れていたり気が乗らなかったりすると「今日は良いか。明日頑張ろう・・」とサボったり、「無理し過ぎて病気になったら本末転倒だし、今日は疲れているから休もう」と自己正当化してしまう。(経験済みです^^;)

 

そもそもアフィリエイトは速効性がなく、最低でも3ヶ月〜半年はかかるのが一般的です。今日書いた記事にアクセスが来始めるまでに数週間〜数ヶ月かかることもザラなので、このタイムラグも非常に不安や疑心暗鬼を生み出す要因ですよね。

でも、だからこそ『願望や目的を明確化する』ことが大事です。ここがはっきりするだけで自分の気持ちを奮い立たせる事もできるし、「今日の作業がきっと将来に繋がっている」と思う事もできるようになっていきます。

 

月10万の壁を越えられたら、あとは一気に30万、50万とアフィリエイト報酬を上げることができるので、ぜひアフィリエイトを頑張る目的や願望を明確にして、まず3ヶ月〜半年は作業を継続してみてください。そうすれば必ず何かしらの結果は得られると思います^^

 

今の生活に月10万円の報酬がプラスされたら、誰にどんなことをしてあげたいですか?

 

お互い望む未来の為に、コツコツ地道にアフィリエイトの作業を継続していきましょうね♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です