個人事業主も契約書を作成すべきだと痛感|想いを実現する為に必要な事

個人事業主 契約書 作成

 

個人事業主であっても、そしてどんなにまだ駆け出しであったとしても、契約書や規約は作成すべきだと痛感しました。

 

ありがたいことに、去年末頃からご紹介からインターネット集客やアフィリエイトのサポートをさせて頂ける様になってきました^^

ただ、これまでアフィリエイターとして個人事業主で活動してきたので、お客様と契約書をかわした事もなければ、具体的な料金体系も決まっていないような状態です・・(滝汗)

 

今は実績作りと自分の経験値アップも兼ねて、特に契約書も交わさずに口約束だけで月額料金を支払ってもらっているのですが、このままだと僕自身も何かとリスクがあるし、クライアントさんもわかりづらくて不安になると感じ、意を決して弁護士さんにビジネス相談をすることにしたわけです。

⇒超絶信頼できる弁護士さんに相談してきた

くろべーが契約書を作成しようと思った理由

僕が個人事業主ながら、契約書を作成しようと思ったのは、僕自身がやりたいと思っている仕組み作りの為には契約書が必須だと感じたからです。法的なリスクヘッジをしておかないと、長期的視点に立った場合にかなり損をしてしまう危険性があるんです^^;

というのも、実は僕、これから本格的にインターネット集客やアフィリエイトサポートに取り組もうと思っているのですが、将来的には『完全成果報酬システム』を作りたいんですよね。

成果が上がってきたら、粗利の数%分を頂くとか、そういう体系にしたいんです♩

 

普通、ネット集客コンサルやアフィリエイトコンサルをしている人で成果報酬型プランを採用している人はほぼいません。

 

理由はシンプルで、「割に合わない!」からです(苦笑)

 

例えば、ネットの世界は成果が出始めるまでに6ヶ月〜1年間の期間は必要です。逆に言えば、その間どれだけ僕がクライアントさんに時間も労力も惜しまず尽くしたとしても、目に見えた成果は出ないことが多いので報酬は入ってきません。

しかも、クライアントさんが辛抱強く頑張ってくれたら良いのですが、多くの方は3ヶ月も続けられないので、耐えきれずに途中で辞めてしまう(解約する)可能性も高いです。

 

つまり、成果報酬プランにした場合、何ヶ月もただ働きした割に全く報酬にならない、という、ビジネスモデルとしては完全に崩壊している事態になりかねません。

 

そうなった場合、”どれだけ有益な情報・価値を提供していたとしても、対価として得られるものはただの自己満”って感じでしょうかね?汗

だから結局、月額3万とか5万とか10万とか、サポート内容によっては20万とか、月額制の料金プランで契約する人が大半なわけですね。

 

6ヶ月契約で30万、とかが一般的な契約内容だと思います^^

 

余談ですが、知り合いの方が最近6ヶ月30万で契約したらしいのですが、サポート内容聞いていたらかなり杜撰だったので、

「そんなんに30万払うんだったら俺がやった方が何倍もマシだわ!!!怒」

と思わずにはいられませんでした^^;

 

まあその話は置いておいて・・笑

 

で、「じゃあ何でそんなただ働きのリスクを追って成果報酬にこだわるのか?」というのはまた別の記事にてシェアしますが、まず途中で辞めない契約をしてもらう必要があると感じたわけです。

最低でも1年間は僕と一緒に続けてもらえるような環境を整備する必要があり、そのためには口約束だけでは弱いと感じました。

 

そして、成果報酬で一番ネックに感じているのが、「どこまでが自分の成果かを明確にしづらい」ということです。インターネットの影響力は凄まじいものがありますが、クライアントさん自身の人脈や影響力、商品の質も当然加味する必要があります。

 

ウェブサイトから集客できたとして、それは本当にネットからの集客なのか?クライアントさんの知り合いなのか?etc

ここら辺を僕自身がきっちり決めておかないと、そして契約書として交わしておかないと、クライアントさんのビジネスが軌道に乗ってきた時に間違いなくトラブルになります。

 

お金のトラブルは付きものでしょうし、せっかく0から一緒に頑張ってきた仲間とお金で関係が悪くなるのは絶対に嫌です。でも、こちらが我慢して泣き寝入りをするのもwin-winではないですからね。

僕も日頃から報酬を取る事に対しては消極的になってしまうというか、我慢してしまいがちですが、win-winは自分も満たされていないと成立しないので、しっかりと自分の意見を主張した上で相手の意見も聞き、交渉する習慣を身につけたいと思います♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です