ツイッターアカウントを凍結された理由|過去にやってしまった事

ツイッターアカウントが凍結されるとびっくりしますよね。
元々スパムチックにツイッター運営をしていた人なら自覚があるでしょうけど、最近では一般ユーザーの方でも突然ツイッターアカウントが凍結されることもあるようです。

実は僕もアフィリエイトを始めた2012年頃からツイッターはちょこちょこ試していたのですが、2012年に一度ツイッターアカウントを凍結された経験があります^^;

ちょっと情報は古いですが、今回は僕がツイッターアカウントを凍結された理由や当時やっていたことをシェアしますので、無意識のうちにやってしまっていなかったか振り返ってみて下さい。

一気に大量フォローはアウト!

まあ見出しの通りです(笑)

僕がツイッターアカウントを凍結されたのは2012年の10月頃です。当時攻めていたアフィリエイトサイトの導線としてツイッターを始め、新規取得してから5〜10通くらいツイートした後に、一気に大量のフォローをしていたのですが、数日後にアカウント凍結されました・・Orz

 

一気にと言っても、1日50〜100件くらいだったんですよね。当時は確か「100件くらいまではギリギリいける」とか言われていたのを聞いてガンガンフォローしてたら、気づいたらツイートもフォロー数もフォロワー数も「0」になっていました。

ツイッターを始めるとついつい焦って大量にフォローしてフォロワー数を増やしたくなるのですが、これは逆効果ですので長い目で運営していきましょう!

 

ちなみに、一回目のアカウント凍結は「警告」みたいな感じで、手順に従えば凍結解除されるのでご安心ください^^

 

その他にアカウント凍結の理由としては、以下のようなケースもあるようなので合わせてご確認下さい。

・1日2アカウント以上の新規開設
・大量のアンフォロー
・複数のユーザーからブロックやスパム報告された場合※後述
・フォロー数とフォロワー数の比率の偏り(フォロワーが極端に少ない)
・アダルト系のアイコンや背景にしている
・大量リツイート・大量リプライ

まあ要するにスパムチックなことはしないで、常識の範囲内で運営しよう、ということだと思います^^;

 

余談ですが、僕も当時の経験を踏まえて、このライフブログを立ち上げた後にテニス専用でツイッターアカウントを新規取得して運営しています。

今回のテニス用アカウントは1日のフォロワー数は最大でも30人に抑えていますが、今のところ特に問題なく運営できていますし、フォロー数の半分くらいがフォロワーになっているのでまずまずかな、という感じです。

うざいアカウントを凍結させることができる!?

久しぶりに本格的にツイッターを始めてみて感じたのですが、ツイッターでアフィリリンク貼りまくってるアカウントが多過ぎます。はっきり言ってめちゃくちゃウザい・・。

タイムラインがアフィリリンクばっかりになって、フォローを解除した人もたくさんいます。でも、フォローを解除されるくらいならまだマシかもしれません(笑)

 

調べてみたら、なんでも最近は『ブロッター』なるものがあるらしく、うざいアカウントを凍結できるような仕組みもあるようです!

 

ツイッターでも役に立たないコンテンツやブラック・グレーな運営をしているアカウントは排除される時代になってきてるんですね〜。運営側は本当にスパムだと思われない様に気をつけた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です