東京メトロは定期券を購入した方が節約になる!具体的に計算してみた

こんにちは!くろべーです^^

先月から池袋のフォレストというコワーキングスペースをマンスリー契約で借りていましたが、あれこれ考えた末にレギュラー会員として6ヶ月間契約をすることにしました。

だってやっぱり家より集中できるんだもん<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ…笑

ということで固定費が増えてしまったので、少しでも節約する為に交通費を見直すことにしました。

そう!
東京メトロで定期券を購入できるということを思い出したのです♪

定期券を購入した場合にお得になる日数は?

今までは都内に出る頻度が少なかったのでその都度パスモにチャージしていたのですが、これから頻繁に池袋に出るなら間違いなく定期券を購入した方が安くなるはず!

ということで計算してみました(* ̄ー ̄)v

まず先に定期での料金を紹介しましょう。区間は地下鉄成増〜池袋間です。

東京メトロ 定期券 節約

上記のように、定期券を購入する場合は3パターンの料金プランがあります。

・1ヶ月間:7,660円
・3ヶ月間:21,840円(7,280円/月)
・6ヶ月間:41,370円(6,895円/月)

6ヶ月間プランが間違いなくお得ですね。1ヶ月プランを6回バラで購入するよりも4,590円分節約することができます。

・1ヶ月で何日間使ったらお得になるのか?

では次に何日間使ったら元を取れるのか?について。

通常この区間の交通費は1回195円、往復で390円かかります。1日390円かかるということなので、それぞれの料金プランを390円で割ってみると・・

・1ヶ月間:7,660円÷390円=19.64日/月
・3ヶ月間:21,840円÷390円=56日=18.66日/月
・6ヶ月間:41,370円÷390円=106.07日=17.67日/月

ということで、料金プランに対してお得になる日数(損益分岐点?)は以下のような感じ。

・1ヶ月間:20日以上
・3ヶ月間:19日以上
・6ヶ月間:18日以上

つまり、1ヶ月プランだと1ヶ月に20日以上外出すれば定期券を買った方が節約できて、6ヶ月プランだと1ヶ月に18日以上外出すれば定期券の方が節約できる、ということですね。

「コワーキングスペース借りたんだからさすがに18日以上は通うだろう〜!」

ということで東京メトロの定期券も6ヶ月分を購入!
コワーキングスペースも6ヶ月契約なのでちょうどいい感じになりました(* ̄ー ̄)v

コワーキングスペースが月9,900円
交通費が月6,895円(41,370円÷6ヶ月)

なので、これから合計16,795円の固定費がかかってくるわけですが、その分は自分への投資だと思ってしっかり作業量で取り返したいと思います♪

1 個のコメント

  • こんにちは。
    僕も学生時代は定期券を購入していましたが、電車や地下鉄などは元取れるなと思いました。
    以外と田舎はバスの定期券は無駄にしてしまうことが多かったです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です