【スターフライヤーの感想】東京羽田−福岡間の機内レポート

友達の結婚式で博多に行く機会があったので、今回もスターフライヤーを利用しました。

スターフライヤーは最近ちょこちょこと利用しているのですが、料金がANAやJALなどの大手と比較して安い割に、サービスの質も悪くないと感じています^^

そこで今回は、久しぶりにスターフライヤー福岡行きの感想をシェアしてみたいと思います。機内レポと称して、これからスターフライヤーで羽田から福岡に旅立つ予定の方に役に立つ情報を紹介です♩

スターフライヤーの機内はこんな感じ

スターフライヤー 福岡 感想

 

まずは搭乗口から。スターフライヤーはデザインもかなりカッコいい感じです。女性ウケしているのかはわかりませんが、男視点では黒基調はシンプルでシャープな印象を受けます。

 

スターフライヤー 福岡 感想

※写真は機内から出る時にさりげなく撮ったもの。
スターフライヤーの座席は左右に3列ずつ並んでいるスタイルで、特にビジネスクラスの席は用意されていませんでした。リッチ層ではなく、完全に僕のようなコスパを求めるタイプにターゲットを絞っているのかもしれません(笑)

機内は大手と比べたら結構狭く感じるかもしれませんが、格安LCCピーチ航空と比較したらそこまで不満に感じない程度です。ピーチは安いけど、隣も前もかなり狭いので辛かった記憶があります^^;

スターフライヤーは3列席なので、真ん中の席が一番くつろげないと思います。早め早めにネット予約をして窓側か通路側をゲットしてしまいましょう♩

 

スターフライヤー 機内,

 

スターフライヤーは料金はLCCレベルの値段にも関わらず、液晶が備わっているのが良いですよね♩僕はずっと本を読んでいたので今回は全く使わなかったのですが、ニュースや音楽を聞いている人も多かったです。

まあ寝てる人も多かったですけど(笑)

充電器を持って行けばスマホ、iphoneの充電もできるので、機内に携帯の充電器は持ち運んだ方が良いと思います^^

簡単なドリンクサービスがあります

東京羽田−福岡間ってフライト時間が実質90分程度と非常に短いのですが、ドリンクサービスがあるのが嬉しいんですよね^^

ビールやワイン等のアルコール系ドリンクはないのですが、アップルジュースや日本茶、ミネラルウォーター(水)、そしてタリーズコーヒーをオーダーすることができます。

特にスターフライヤーはタリーズとコーヒーを共同開発したことで有名らしく、今回は僕もタリーズコーヒーを注文してみました◎

 

スターフライヤー タリーズコーヒー

 

タリーズコーヒーを注文すると、一緒にチョコレートも貰えました。甘さ控えめのビター味で、甘いものが苦手な僕にとっては非常にありがたかったです♩

また、読書をしていたので砂糖が貰えて嬉しかったですね^^

気になるコーヒーの味ですが、まあ普通のタリーズコーヒーって感じでした(笑)
すいません、僕はあまり味の違いがわからない男ですので^^;

まさかの絶景!左の窓側席に座るべき理由

スターフライヤーの東京羽田−博多間に乗る方は、絶対に左の窓側席を予約することを心からお薦めします。利用する日程が早めに決まっていたら、すぐにでもネット予約してしまいましょう♩

なぜなら、僕自身が今回のフライトで素晴らしい絶景を味わうことができたからです。それは・・

 

富士山 絶景 写真

 

見て下さい!
カメラマンが撮ったかのような、この富士山の写真!!

これは僕の座席から、機内から撮影した富士山の写真で、決してどこかの写真素材をパクってきたわけではありません(笑)

 

富士山 絶景 写真

※機内で撮った証拠として、翼と窓枠が入ってるバージョン(笑)

 

もちろん天候が良かったことも幸運だったのですが、同じフライトでも通路側や右側の座席に座っている人達は見れなかったわけです。僕は3ヶ月前からネット予約していたのですが、これぞまさしく事前対応(* ̄ー ̄)ニヤリ

 

いや〜本当にこの富士山の風景には感動しました。
良いことがあると思っていれば本当に良いことがありますね^^

 

必ずしもこんな風景が見れるとは限りませんが、せっかく同じ料金を支払ってスターフライヤーを利用するのなら、ネット予約で左側の窓側席を取りましょう!

ちなみに、同じ左の窓側席でも、飛行機の翼に近いと全く外側は見えないのでできれば後方にした方が良いと思います^^

 

今回のスターフライヤー東京羽田−福岡便の往復料金は24,280円!

僕は日程が確定していたので3ヶ月前からネット予約してしまいましたが、21日前までなら結構安くチケットが取れると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です