博多で有名なとんこつラーメン『一蘭』本社総本店で餃子が超まいう〜!

博多 ラーメン 一蘭 本店

 

以前新橋で初めて『一蘭』に行った時にめちゃくちゃ美味しかったので、博多に行ったらぜひとも立ち寄りたいと思っていました。

そこで友達に駄々をこね、かなりタイムスケジュールが厳しい中連れて行ってもらいました◎まあタイムスケジュールが厳しかったのは僕の方だったので、友達が振り回されてただけですけどね(笑)

一蘭本社総本店に行ってきた

博多にもたくさん店舗はあるようですが、今回僕が行ってきたのは『一蘭 本社総本店』という、本社が入っているビルです。地元では一種の名物になっているようです。

 

博多 ラーメン 一蘭 本店

 

実際に本社総本店の前に来た時にビビりました。こんなラーメン屋未だかつて見たことがありません^^;

「とんこつラーメン」という、1つのジャンルを徹底的に追求し続ける。これこそがまさにプロフェッショナルであり、卓越し続ける原則であり、繁栄のサイクルなのかもしれません。

※実際に行ったのは2015/2/15です

一蘭屋台のシェア行ってみよう〜!

一蘭屋台

 

『一蘭』は店内のシステムが結構独特で、普通のラーメン屋とは全く違って面食らう人も多いかもしれません。

ただ、『一蘭 本社総本店』では1階と2階の2フロアがあり、1階は普通のラーメン屋スタイル、2階は『一蘭』お馴染みの独特なシステムで注文する事ができるようになっていました。

 

僕は個人的には半個室っぽく区切られているよりも、普通のラーメン屋のような客席の方が好きだったので、今回は1階の”一蘭屋台”にさせてもらいました^^

まあ、せっかく博多まで来ているのに東京で味わえる方を選ぶ必要はないですしね♩

店の看板〜注文までのくだり

一蘭屋台

 

何やら一蘭屋台の方は「博多とんこつ餃子」という餃子が有名らしく、早くもくろべーのお腹の中は・・( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう・・

ほんの1時間前にももち浜の牡蠣小屋で牡蠣食べた後なのに、いや〜旅行は太ってなんぼですよね〜(* ̄ー ̄)ニヤリ爆

 

博多 ラーメン 一蘭 本店

 

行ったのは日曜、大体12時半くらいだったと思いますが、1組分くらい待ってから店内に案内してもらいました。店内は満席でしたが、回転が早いのか、思っていたよりも待たずに済んでラッキーでした^^

僕と友達はそれぞれ天然とんこつラーメン(税込790円)を1杯ずつ、特にトッピングもつけずに注文しました。替玉はとりあえず1杯目を食べ終わってから考える事にしました。

 

一蘭 本店 メニュー表

 

一蘭屋台でもラーメン注文用紙は健在で、さささっと記入してスタッフさんにお渡ししました。

 

そしてもちろん!餃子!

一蘭屋台に来たからには、お腹が膨れていようとも「博多とんこつ餃子」は頼まないといけませんよね♩←食べたいだけ

餃子はオーダーが入ってから焼き始めるらしく、「10分少々お待ち頂いてもよろしいでしょうか?」とのこと。

 

もちろん待たせて頂きますっ!!←食べたいだけ(2回目w)

博多本店のお味やいかに!?

博多 ラーメン 一蘭 本店

 

出ました!一蘭のとんこつラーメンです♩
一蘭屋台では新橋の時と比べて、オーダーしてから少し時間が経っていたような気もしましたが、友達と一緒にいたので特に気にならず^^

一蘭のとんこつラーメンは、この真ん中の赤い秘伝のタレが美味しいんですよね〜!
でも最初はやっぱりスープから味わわせて頂きます♩

 

やっぱ激ウマ〜〜〜〜!!!∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

 

shinshin(しんしん)のとんこつラーメンも美味しかったですが、個人的には一蘭のとんこつラーメンの方が好きですね♩こってりしすぎないんですけど、コクがあってスープの味がしっかりしているというか、スープだけでも満足できる味だと思います^^

 

博多 ラーメン 一蘭 本店

 

一蘭のスープの味を確かめた後、早速麺を食べ始めましたが、こちらも相変わらずウマい!!
この後秘伝のタレをかき混ぜ、辛さを加えると一層食欲がそそります。

 

う〜ん、やっぱり一蘭に来て良かった( ̄ー ̄)ニヤリッ(_ー_)逆ニヤリ(    )クルッ!( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

博多 ラーメン 一蘭 本店

 

一蘭のとんこつラーメンはチャーシューも本当に美味しいんですよね〜。すごく柔らかい上に油もしっかり乗っていて、口の中で”テローン”と溶けていく感じです。

遂に登場!餃子の味に衝撃を受けるくろべー!

一蘭 本店 餃子

 

めっちゃウマそう!!!( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう

 

ちょうどラーメンを食べ終わったタイミングで餃子が運ばれてきました。もしかして、このタイミングも測っていたのでしょうか!?だとしたらマジでこの店はプロです!

僕らは牡蠣小屋で牡蠣も食べていたし、ラーメン食べたばっかりだったので、餃子は1人前(8個790円)にしました。

このパリっとした皮がたまりません。これぞまさに『餃子』って感じですよね♩

 

一蘭 餃子

 

醤油とラー油を混ぜ、いざ、美味しく頂いてみましたパクッ(* ̄0 ̄)●ゞ
すると・・

 

あ、甘い!?!?∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

 

普通に美味しいだけじゃなく、餃子に甘さを感じました!
「なんだこれ、めっちゃウマい!」とその後のガツガツ食べるくろべー。

 

一蘭 餃子

 

一人4個あったので、醤油&ラー油を付けて食べたり、何も付けないでそのまま味わったりしていたのですが、やっぱり餃子自体に甘さを感じました。この味はちょっと僕は初めてです。大げさではなく、ほんとに美味しかったです!

 

一蘭 餃子

 

あっという間に完食でーす!(* ̄△ ̄)ゲッ(* ̄3 ̄)プ~♪

スタッフさんの熱に一層ファンになりました

食べ終わった後に男性スタッフさんとたまたま話す機会があったので甘さの理由を聞いてみたら、こんな回答が。

 

「餃子に一蘭秘伝のとんこつスープを混ぜているんです。それで普通の餃子よりも甘く感じたんだと思います。僕もこれだけ食べに立ち寄ったりすることもありますが、これほんと美味しいですよね!^^」

 

てっきりスタッフの方はまかないで食べられると思ってたのですが、それも尋ねてみたら、とんこつラーメンはまかないで食べられるけど、餃子は原価が高いし、作るのに手間も時間もかかるからスタッフでもまかないや割引料金では食べられないんだそうです。

この男性スタッフさんから、本当に一蘭の商品が好きなことが伝わってきて、会社としても本当に素晴らしいんだな、と改めて感じる事ができました^^

 

博多に立ち寄った際は、あなたも是非ラーメン一蘭の本社総本店、それも一蘭屋台の方に行ってみてはいかがでしょうか?

あなたもきっと僕の様にファンになってしまうことでしょう(* ̄ー ̄)ニヤリ

 

⇒満足感と眠気と戦いながら太宰府へ向かいました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です