太宰府天満宮は梅が枝餅の店だらけ!?名物グルメを食べてみた

太宰府天満宮 梅が枝餅

 

博多観光の体験レポシリーズもいよいよ佳境になってきました♩

いや〜旅行っていくのは楽しいんですけど、こうやってブログの記事にするのは非常に時間もかかるし大変ですね^^;

でも、こんな僕の自由気ままなブログでも、あなたが読んでくれていて、少しでも参考になる情報を提供できていることを考えると頑張って更新している意義を感じる事ができます。

わざわざお読み頂きありがとうございます♩

太宰府天満宮名物!梅が枝餅の食レポ行ってみよう〜!

福岡タワー、ももち浜の牡蠣小屋からヒルトンホテル&ヤフオクドームを通り過ぎ、天神の一蘭本社総本店で”まいう〜”をしたあと、ようやく辿り着いた太宰府天満宮。

 

太宰府天満宮

 

僕は初めて知ったのですが、太宰府天満宮には『梅が枝餅』という、名物の和菓子がありました。駅から天満宮に向かうまでの道にずらっとお店が並んでいるのですが、どこもかしこも『梅が枝餅』のお店だらけ!!

てっきり1〜2店舗で販売されているのかと思っていましたが、ちょっと歩けば『梅が枝餅屋』、更に進むとまた『梅が枝餅屋』、みたいな間隔でお店が並んでいました。

 

そしてまた驚いたことに、どのお店にも人が並んでるんです!( ̄□ ̄;)ギョッ

 

ちょっと太宰府に滞在できる時間が30分ほどしかなかったので、買いたい気持ちを抑えつつ、まずは先に太宰府天満宮のお参りを済ませて、終わった後に急いで購入しました^^;

 

⇒参考:【写真付き】太宰府天満宮でお参りしてきた

 

すぐに買えそうなお店を発見!

太宰府天満宮 梅が枝餅

 

電車の出発まで10分くらいしかなかったので、内心ではめちゃくちゃ焦っていました。最悪諦めるしかないかな、と足早にお店を探していると、比較的列が少ないお店を発見!

マシンを使い、自動で『梅が枝餅』を製造していました。これならすぐに焼き上がるだろうと期待を胸に列に並びます。

 

しかし、この機械のコンベア具合・・。
まさに『オート梅が枝餅』ですね(* ̄ー ̄)ニヤリ←超謎

 

太宰府天満宮 梅が枝餅

 

『梅が枝餅』は1つ120円とリーズナブル!
ここのお店に限らず、箱詰めしてお土産用と、食べ歩き用の2パターンが用意されているお店が多かったです。

 

当然僕らは食べ歩き用( ̄ー+ ̄) フフフ

 

ちなみに、食べ歩き用はできたてほやほやの温かい梅が枝餅を食べれるようです。新しく焼き上がった方をくれたので♩

てか僕もそうですが、こういう細かいところってちゃんと見てますよね〜。飲食店の方はお客さんしっかり見てるので気をつけて下さい(笑)

 

これが梅が枝餅!いよいよ実食〜!

太宰府天満宮 梅が枝餅

 

熱々の梅が枝餅、やっぱり食べ歩きって素晴らしい♩

充分お腹一杯だったのですが、目の前に美味しそうなものがあると食欲が湧いてしまう人間の神秘さいとおかし・・( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう(爆)

 

太宰府天満宮 梅が枝餅

 

ちょっと頑張って梅が枝餅の全体像が見えるように持ってみました(笑)
焼きたてでめっちゃ熱かったので、落とさない様に持ち方変えるの大変でした^^;

 

そしていよいよ、実食の時がやってきました!

駅に足早に進みつつ、こうしてしっかり写真を撮りつつ、頂きまーす!パクッ(* ̄0 ̄)●ゞ

 

太宰府天満宮 梅が枝餅

 

うまーーーい!w(゚o゚)w オオー!

 

外は焦がしているのでほんの少しパリっ感じ、中はもちっとしています。そしてあんこは粒入りだったのですが量も多過ぎず、個人的にはちょうど良い案配でした(* ̄ー ̄)v

 

ただ、ぶっちゃけるとそこまで『劇的にうまい!』みたいな味でもなく、普通の粒あん入りの焼き餅、みたいなイメージの方が良いかもしれません◎

何事も期待しすぎるとがっかりするパターンなので、梅が枝餅に関しては「過小評価しておいて、食べたら予想外♩ウマウマ」みたいなスタンスの方が良いかも(笑)

 

まあ僕は基本的に味にこだわりがない人間で、何でも「うまい!」と言うタイプなので、よっぽどマズくなければ「うまーい!」という食レポになってしまうのでそこは恐縮です^^;

 

最後に・・

太宰府天満宮には梅が枝餅のお店が何軒もありますが、お店毎に味が違うらしいので、時間があるようなら2〜3つ食べ比べしてみても良いかもしれませんね♩

楽しいひとときをお過ごしください(* ̄ー ̄)v

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です