能登島向田の火祭りに行ってきた!日本三大火祭りの感想は…

能登島 向田 火祭り,

いや〜だいぶ暑くなってきましたね<(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ…
7月もあっという間に過ぎ去ってしまいましたが、元気にお過ごしでしょうか?

さて、僕はというと、先日金沢に引っ越した親友の家に遊びに行くついでに、能登島の向田火祭りに行ってきました♩
場所はちょっと行きづらかったですが、とてもインパクトのあるお祭りだったのでシェアしたいと思います^^

人生初の火祭り!でも

向田の火祭りは夜20時からのスタートで、点火が22時からと結構遅い時間帯に行われるので、当然終電はありません。でも、残念ながら周辺のホテルや旅館は満室。。

というわけで、僕ら一行は車で向かいました♩
まあ僕は後ろでただ乗ってくっちゃべってただけですけど(笑)

 

能登島は金沢から車で約2時間半。
幸いなことに道自体は結構空いていたので、渋滞に巻き込まれることなく能登島に到着しました(* ̄ー ̄)v

せっかくだから、と日中は七尾湾や能登島で観光。道の駅行ったりゴーカート乗り損なったり(笑)して楽しい思い出ができました。

場所だけ先に確認しておこう、ということで、夕方に一度会場の「向田崎山広場」に向かった僕ら一行。ナビでもなかなか出てこず、熟練ドライバーのやっさんでさえ道に迷ってしまうくらいの田舎道でしたが、ようやくたどり着いたら・・。

能登島 向田 火祭り,

全く祭りが行われる雰囲気じゃねーーー!?∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

出店も全くないし、広場には大きな木柱(松明?)がデーンと用意されているだけでした。

(くろべー心の声)
「日本三大火祭りっていうからもっと大規模なイメージがあったんだけど、これってただの地元の伝統的な祭りなだけなんじゃ・・」

一抹の不安を覚えつつ、火祭りスタートまでの時間を和倉温泉エリアで温泉でも入って潰そう、ということで移動。この時点ではぶっちゃけ超不安でした(笑)

夜に突然の人だかり・村をあげての一大イベントに!

規模が大きくないことがなんとなくわかり、早く行きすぎると逆に辛くなる気がしたので開始時間よりも遅めの20:30頃に会場に到着しました。(車は少し離れた所に臨時駐車場があり、そこに駐車して徒歩15分・・笑)

会場に着くと、日中の閑散とした雰囲気とはうって変わって人だかりもたくさん、そしてキリコ(奉灯)を担ぐ若い子達。太鼓の音や号令?をかけながら、ゆっくり大松明まで進んで行っていました。

能登島 向田 火祭り,

おお!なんか祭りって感じがしてきたじゃん!!

僕もお祭りとか結構好きなタイプなので、一緒に参加したいな〜なんて思いながら眺めていました。日中下がった火祭りへの期待は徐々にアップ(* ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに、観客?はほとんど地元民の人たちだったと思いますが、中には外人さんもいたりして、「一体どうやって来たんだろう」と思わず不思議に感じました。観光客からしたら能登島、しかも向田の火祭りってめちゃくちゃ行きづらいとこだと思うので^^;

※下の写真は屋台でフライドポテトを買うかーみーすん。300円で超しおっしお(しかも量も少ない)のポテトを食べてて僕とやっさんに笑われてました(爆)

向田の火祭りは屋台は3つ位しかなかった(しかもポテトのクオリティー激低w)ので、かーみーさんみたいに気分を味わい人以外は食べ物を宛てにしない方がいいかもです(笑)

能登島 向田 火祭り,

キリコ様が会場入りでーす!(謎)

ある程度キリコの行進を見終わり、徐々に広場に人が集まってきていたので僕らもスタンバイ。
せっかくだから一番前でゆっくり見ようと場所取りをしていました。場所取りって言ってもロープの近くにいただけですが(笑)

するとほどなくして、大小様々なキリコ7基が会場入り。ぐるぐると大松明の周りを周回し始めました。

能登島 向田 火祭り 2015,

一通りその儀式が済み、点火時間まで残りわずかになったところで、キリコ集団は会場から退場。いよいよか!と期待に胸が膨らみます。

シーンと10分ほど過ぎたところで、松明を持った男性が入場し、聖火ランナーさながらどんどん着火していきます。

能登島 向田 火祭り,

そしてどんどん広場の中に人が入っていったかと思ったら、今度はそれぞれが松明を持ち、ぐるぐると振り回しながら大松明の周りを歩き始めました。

能登島 向田 火祭り,

 

↓↓人数がどんどんどんどん増えていき、気づいたらこんな感じに↓↓

 

能登島 向田 火祭り 2015,

 

老若男女、色んな人が松明を振り回す光景に非日常を感じつつ、火祭りの熱気とインパクトに圧倒されつつもシャッターを切るくろべー。

てか火遊びって少年心をくすぐられますよね〜。「いいな〜楽しそうだな〜。俺も参加したいな〜。」と連呼してました(笑)

 

でも、ずっと眺めながら、「これは一体いつまでやるんだろう。本番は大松明だよな?くぅ〜、ちゃんと歴史的背景とか意味を調べてくればもっと楽しめたな・・」と思っていたところ、突然「ピィーーー!!!」と笛の音が鳴り響きました。

すると突然、広場内で松明を振っていた人たちが一斉に中心の大松明に走り出し、持っていた松明を一斉に投げ始めたのです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!

これぞ火祭り!火龍の昇天!降り注ぐ幸運の火の粉!←厨二w

大松明は一度着火したかと思ったら、ものすごい勢いでどんどん火力が増え、上に登っていきました。笛の音が鳴り響いてからあっという間に業火と化し、火の粉が僕らロープの外にいる人たちにまで降り注いできました。

 

 

ここはちょっと静止画だと伝わらないと思ったので、動画アップしてみました^^

 

能登島 向田 火祭り,

 

空を見ると、火の粉が・・

 

能登島 向田 火祭り,

 

この後10分くらいだったでしょうか、ずっと勢いよく燃え盛っていたのですが、一番上の柱が崩れ落ち、少しずつ崩壊して火も弱まっていきました。

最後は男性陣が大松明用に組んでいた丸太を綱引きの要領で全力で引っ張り出し、消火活動をして火祭りは無事に終了しました。

感想:火祭りは参加したい!爆

火祭りは人生初の体験でしたが、向田の火祭りは規模自体は小さく感じたものの、非常にインパクトがあって興味深いイベントでした^^

小さい子から大人まで、地元の人たちが毎年この祭りのために準備を頑張っているんだな、ということも感じられて、幼い頃からこういう地域の行事に参加できるのはすごく魅力的に見えました。

おじいちゃんコンビがキリコの上で楽しそうに太鼓を叩いているのも印象的でしたし♩

 

ただ、こういう祭り事はやっぱりただ観ているだけより、参加した方が間違いなく楽しいですよね。来年はぜひ参加する側になりたいものです(笑)

 

7月は謎のアフィリ報酬激減(放置しすぎたww)でずっと地元に引きこもってヤフオク物販の作業をしていましたが、向田の火祭りはとても良い気分転換になりました。

てか、金沢めっちゃ良い街ですね♩
結構真面目に移住を考えてます(* ̄ー ̄)ニヤリ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です