【自分の部屋編】年末大掃除のコツ|綺麗が長持ちする片付け方

仕事も終わり、ほっとしたのもつかの間、年末には避けては通れない一大イベントが待っています。

そうです!!
ちょっと考えるだけでもいや〜な気持ちになる、あの年末大掃除のシーズンが今年も到来です!!

えー、、なぜ僕が今謎のハイテンションかというと、既に部屋の大掃除が終わったからです( ̄∀ ̄)v笑

まあ、まだ家全体の大掃除の手伝いがあるので完全には解放されていないのですが、自分の部屋が綺麗になるとやっぱり清々しくなりますね^^

大掃除で綺麗な状態を継続させるにはコツがある!

毎年年末の大掃除シーズンに部屋の片付けはすると思いますが、その状態はキープできてますか?正月明けて数週間くらいしたら散らかってしまっているのでは?

なんか偉そうに語ってる僕も、つい最近まで掃除してもすぐに散らかしてしまい、元のぐちゃぐちゃな部屋に戻してしまうタイプでした^^;

でも、近藤麻里恵(こんまり)さんの「人生がときめく片づけの魔法」という本を紹介してもらい、書かれていた手順と考え方で実践していったところ、以前よりも部屋がキープできる様になりました。

今回の年末大掃除でも部屋は結構ごちゃごちゃしてしまっていましたが、「祭りや祭りや〜!」と一気に全部出しては捨てor残しを判別し、こんまり流の手順通りに進めて行きました^^

年末 大掃除 部屋,※こんまり流では一度全ての物を出して、1つ1つ手に取って「ときめくか?」を判断します。「祭り」と呼ばれる由縁です(笑)

一見ごちゃっとしていたのですが、半年前に大掃除をしてから無駄なものはほとんど増えていなかったので捨てる物も少なく、かなりスッキリして昨夜は気持ち良く寝れました♩

朝が弱い僕が、なんと目覚ましをかけずに朝6時に起きる事ができたくらい、清々しい気持ちでした(・∀・)b笑

⇒具体的な片付けの順番などは以前の記事を参考に

どうしてこんまり流は綺麗な状態をキープできるのか?

こんまり流で年末の大掃除をするのがどうして効果的かというと、「自分の部屋がときめくものだけになる」ので気分良く毎日が過ごせる様になることが一番大きいと感じます。

そして、「ときめくかどうか?」で全てのものを残すか捨てるか判断する為、ときめかない物を買わなくなってきます。これがめちゃくちゃデカいんです!!

例えば、正月シーズンは百貨店等で大規模なセールをしていますよね。
セールとかバーゲンになると、安いからついつい不要なものまで買ってしまうことがあると思います。「使うかもしれないし、安いから買っておこうかな♩」みたいな。

でもこれ、ほとんどの場合は使わずに終わりますよね(笑)

僕も経験ありますけど、「とりあえず」とか「おっ安い!」という感覚で買う物って自分にとっても「そこそこ・ほどほど・あってもなくても良い」の物なので、買った当初は使ってても徐々に使う頻度が落ちてきます。

そして、最終的には部屋を散らかすメンバーの一人に・・。

でも、買う時に「ときめくか?」で選ぶと、安かろうが高かろうが「自分がときめく物」だけを買うので、やっぱり自然と使うようになるんですよね。しかも好きな物なので身に付けていてもちょっとテンションが上がるっていう♩笑

思い入れも入るので、丁重に扱おうという気持ちにもなり、「ちゃんとしまってあげようかな」という行動に移ります。これも不思議なんですが、僕も以前は適当に「ポイっ」と部屋の隅に投げ置いてたりしたのが、元の位置に置く様になりました。

これが衣類でも、書籍でも、小物等でも全て同じような感覚で判別していくので、部屋の中にあるあらゆるものが自分の好きな物だけになるわけです。

また、一度この空間を作ったらときめかない物を持ち込みたくなくなるので、買う時に自制が働きます。「う〜ん、これ部屋に持ち込みたいか?せっかくあんなに時間かけて部屋を片付けたのに・・」みたいな感覚です^^

こんまり流ではときめかない物は問答無用、容赦なくバッサバサと捨てていきます(笑)

本を読んでいると「そこまで徹底してやるの!?」とビビる時もありましたし、捨てるのって意外と勇気がいる時もあったのですが、自分の過去と向き合って、感謝して捨てる行為は心の整理としてもすごく効果的でしたよ^^

年末の大掃除の時期だからこそ、部屋も心も整理して、新たな気持ちで新年を迎えるのも良いと思います♩

⇒具体的な手順はこちらでシェアしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です