【青色編】確定申告の為に簿記3級の内容を勉強する必要はあるのか?

もうそろそろ確定申告に着手し始める時期ですよね^^;

僕は今年度は税理士さんに丸投げしてしまったのですが、昨年度分(つまり2014年3月提出分)は自力でやりましたので、その大変さはすごくよくわかります。

でも、実際に経験してみたからわかることもあります。

そこで今回は「確定申告に簿記3級の勉強は必要か?」をメインテーマに、僭越ながら僕が青色申告を自力で頑張った経験から感じた事をシェアしたいと思います^^

こうして簿記3級を勉強しようか考える時点であなたがとても意識が高く、勉強熱心なのは伝わってきます。ただ、他にやるべきこともたくさんあると思いますので、僕のシェアを読みながら優先順位を考えてみてください♩

※白色よりも難しい青色申告を出す前提で話を進めます。

知識があった方が良いけど、なくても問題ない

先に結論からお伝えすると、「ないよりはマシ」って感じだと思います。
簿記3級の知識がないよりかはあった方が仕訳にも慣れているし、各領収証がどの勘定科目に入力すれば良いかの判断もスムーズにできるでしょう。

でも、あなたの目的は青色申告を効率良く作成して提出することですよね?

その場合は正直、簿記3級のテキストを購入して最初から全部勉強するよりも、会計ソフトを使いながら、わからない仕訳が出てきたらその都度ネットで調べるなりして解決して行った方が効率が良いと思います。

 

確かに「借方」「貸方」とか「勘定科目」とか、基本的な仕組みは簿記3級でも学べますが、青色申告には簿記3級全ての知識は必要ありません。

例えば簿記3級は最後の方に勉強する「決算仕訳」がややこしくてつまづくポイントだと思いますが、会計ソフトを使えば自動で決算仕訳してくれます。減価償却も別に自分で計算する必要ないですしね^^(ここら辺ちょっと記憶があやふやですが、確かそうだった気がする・・)

ただ、青色申告には必要ない勉強に貴重な時間を費やすことになるリスクもあります。

 

そして、僕も実際に確定申告をしてみてわかりましたが、やっぱり理論と実践は違うんです。よく「”知っている”と”できる”は違う」と言われていますが、簿記であってもこれは同じでした^^;

 

というのも、実は僕は簿記検定は2級まで持っています。

大学時代のゼミが管理会計ゼミで、みんな簿記の勉強をしていたし、就活に役立つかな?と思って頑張ってみたのでした。結局就活では資格の事なんて一度も聞かれる事はありませんでしたが・・笑

簿記2級を持っていると言っても、4年くらい前の話なのでそもそも内容自体を完全に忘れていたのですが、青色申告を行うにあたり、結局は何度も仕訳の仕方からネットで何度も調べました。

◯知識と実践が違う事例(くろべーver)

例えば、僕のようなノマドワーカーはカフェで作業をすることも多いわけですが、あなたはこの勘定科目はわかりますか?

これってすごく簡単そうな仕訳じゃないですか?でもこんな簡単そうなことでさえ、簿記3級を勉強してもわからないんです。

 

正解は「作業代」という勘定科目を”自分で”作りました(笑)
Cf.「会議費」や「雑費」でもOKです

 

簿記3級には「作業代」なんて出てこないし、そもそも「自分で勘定科目を作れる」なんて知らないので、調べなきゃわかるわけがないんです。
というか、そもそもカフェで作業した時の料金が経費になるかどうかだって最初はあやふやですから、そこから調べないといけませんよね^^;

こんな感じで、簿記3級を勉強したところでその都度調べるハメになります。だったら、最初から1つずつ調べながら潰して行った方が効率が良いのでは?というのが僕の意見です。

実際僕の知り合いでも、簿記の勉強をしていない人でも青色申告をさくさくと提出している方もいますし、特に困っている様子もないので大丈夫だと思います。

偉そうに言ってるけど来年は・・

今回は僕の経験や感じた事をただシェアしただけですので、後の判断はあなたにお任せします。それでも簿記の勉強をする方はやっぱり勉強熱心で素晴らしいと思いますし、勉強すれば間違いなく理解度も早くはなりますからね◎

僕も2015年度の分は自分で青色申告を作成するので、今は偉そうに言っていますが、1年後はひーひー言っているかもしれません。
一緒に頑張って確定申告を乗り切りましょう(* ̄ー ̄)v

 

余談ですが・・。

個人的に簿記2級の資格を取った最大のメリットは「帳簿に対する苦手意識が薄れていた」ということだと感じてます。学生時代に簿記をたしなむ程度でも勉強してなければ、まず「確定申告」という言葉だけでやる気がなくなって、青色申告を出すのも途中で諦めていたと思います(苦笑)

色んな経験も、結果的にすべては貴重な財産になっているのかもしれませんね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です